« 今日の外苑。 | トップページ | 六本木イルミネーション。 »

2008年11月26日 (水)

N43゜

N43゜
行ってきましたZepp東京
チームNACS『N43゜』2日目、昼ぅ
少々懐かしい景色
観覧車の下のZepp東京
今年2月はBUMPのシックライブでしたぁ
BUMPの時は、自分の居場所も危うい程でしたが
今回は何故にココでフィルムライブ
パイプ椅子が全面に敷きつめられておりマシタぁ

今回のエントリーを忘れてしまったワタクシ
友達に2列目のチケットを譲ってもらい参戦

大泉先生⇒琢ちゃん⇒シゲ⇒安田さん⇒リーダー
の順で続々上映

大泉先生の「頑張れ!鹿子ブルブルズ!」は
  NACS全員出演でなかなか笑える作品
琢ちゃん「神居のじいちゃん」は旭川の景色もよくて
   またあったかい気持ちにもなれる…
   ちゃんとした!?短編映画とも言える作品
「部屋クリーン」は、シゲちゃんらしー、な作品
「ヤスダッタ3D」は安田ワールド全開で
  ヤスダッタやりきったコトでしょぉ
「AFTER」はHONORの映像から始まる森崎さんの作品
   50年後のNACSさんが描かれて
   おじぃちゃんになった5人のお話
   CUEのタレント陣、社長も芝居を打ち
   カリー軒のハンバーグにおばちゃんまでも登場
   なかなかいいお話でした


2時間ちょぃ上映直後のアフタートークは
休憩も挟まずっ
…福岡では藤村Dが観に来ていたそぅで
上映後に休憩も無かったことにクレームをつけてきたと
確かに、パイプ椅子じゃお尻が痛い
アフタートークは遠慮したい関係者も抜けられない
ということで、皆様総立ちでお尻のマッサージ
「関係者の皆さん抜けるなら今ですよぉ」


洋ちゃん午前中は
レイトン教授の制作会見があったそぅで
隣には小栗旬、堀北真希、木村佳乃…
しかし午後はこのメンツ
レイトンさんはメインのはずなのに
きっと洋ちゃんは見切れている…という話から
波乗りレストランでも、最終回はアミューズのワンツー
福山雅治、深津絵里の登場で見切れ話


そして皆様からの質問タイム
「撮影は大変でしたか
ザックリ質問でしたが、洋ちゃん
雨に何度となくお見舞いされ
雨粒をCGで消したり大変だったと
しかしラストシゲちゃんが落ちた場所から
綺麗な虹が見えるシーンがありまして
アレはCGではなく偶然(しかも2本)見ることができた虹
という話をしていました
お次は2階席から・・・と2階最前列で手を上げている
女性を洋ちゃんが指してみると
「スイマセン考えてませんでしたっ
カツゼツがよく、また通る声で
それじゃドリフだろと洋ちゃんからつっこまれてましたぁ
そしてトリオザタイツのTシャツを着た男性から
リーダーの作品について5人それぞれ50年後の自分は…
リーダーから、いちばんまともな質問だぁ
と言われていたけど・・・ワタクシの記憶がぁ
そしてラスト2階後方立ち見の方から
「社長の芝居はどぅでしたか
それはどういう意味なのかキミ自身どう思ったんだ?
とシゲちゃんからの問いかけに
「最高でしたっ」と言い切った女性
リーダーは「実は僕は社長にNGを出しました」と。
とても自然な芝居を社長はしてくれたが
みんなが待っている社長の芝居はそういうのじゃないっ
と1度NGを出したんです・・・とリーダー
そして、あのオッサンはメイクをさせると
ほくろから毛を描いたりするので、それもNG
僕は社長に2度NGを出しました
と、リーダーの丁寧な説明がありました


安田さんはホントにオナラをしまくりぃ


下荒井兄弟「チケット買ってくれた人ぉ」
の洋ちゃんの問いかけに、皆様はーいっ
そして慌てる大泉先生
脚本は順調なんでしょうかぁ


最後はまた、来年春にお会いしましょう
「下荒井兄弟と悪魔の箱」by.音尾
「下の谷のナウシカ」by.シゲ
「志茂田景樹のスットッキングハズカム」
         (・・・だったっけ?リーダー


そしてアフタートークアンコールもあり
リーダーの最後の最後の締め
「次回は〝シャン〟シャイン劇場でお会いしましょう」
言い切ったリーダーカッコよかったよぉ


大泉洋がはりきって描く物語は、TEAM NACS初のドタバタ
純愛冒険青春2時間以内B級巨編!!


N43゜

そして本日の戦利品
パンフレットは意外に薄っぺらぁーな印象でしたが
上映後見てみると、また意外に読みごたえあり
ブルブルズクリーナーは昼公演唯一の完売品

|

« 今日の外苑。 | トップページ | 六本木イルミネーション。 »

大泉洋」カテゴリの記事

TEAM NACS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: N43゜:

« 今日の外苑。 | トップページ | 六本木イルミネーション。 »