牡蠣

2010年2月 8日 (月)

かき小屋の心得

…とは大げさですが
牡蠣の聖地となれば
ワタクシも出発前から、気合いと緊張ぉ

1時間1本勝負に
これから挑む牡蠣好きの方に地味ポイントのご紹介デス

まず松島のかき小屋は2つのコースに分かれております
①牡蠣のみ食べ放題45分の2000円コース
②牡蠣食べ放題(牡蠣ご飯・牡蠣汁1杯づつ付き)の
 1時間3000円コース

そして予約ですが
2名以上で予約可となりますが
2名で予約を受け付けてもらえるのは②コースとなり
①コースの予約は3名以上からとなります

予約の電車番号はこちら ⇒ 022-354-2618
松島観光協会につながります

予約なしの場合は
2・3時間待ちは覚悟の上お出かけください

住所は宮城県宮城郡松島町松島東浜12-1
松島海岸からタクシーでワンメーターか+1
徒歩でも15分くらいで充分歩ける距離デス

到着後
かき小屋さんは先払い
かきご飯・かき汁券を渡されます
(ご自身のいいタイミングでお願いしましょぉ)

コートをかける場所はありますが
牡蠣臭にまみれてもいい服装で
バックも隅の棚に置かせてもらえます
紙のエプロンはありますが、牡蠣の汁にも気をつけましょ

お皿・割箸・ナイフ・紙おしぼり・軍手が用意されています

軍手は左手にぃ
P1010062
おしぼりは食後のお手ふき用に取っておくのがいいかと…

ペットボトル持参でない方は紙コップにお水でスタンバイ
中盤より必須のレモン↓
丸々1個\150(先払い)も準備しておきましょぉ
写真の牡蠣はちぃっちぇーですが
おばちゃんオススメのよーく焼いた香ばしい牡蠣デス
かき小屋の心得

牡蠣が蒸され、蓋が開いてのお時間スタートなので
慌てずにご堪能くださぃ
P1010066

まずは口の開いた牡蠣からどうぞ
丸みのある方を下に、平らな方を持ち上げ開けます
殻は足元の缶に入れまくりましょぉ
口の開いた牡蠣が見当たらなくなったら
おばちゃんがナイフを使って明け方を教えてくれます
ここからは技と力が必要です
牡蠣も追加投入され、焼けるのを待ったり
牡蠣を開けるのに少々疲れたりなので
この辺りで1時間コースの方は
かきご飯・かき汁をお願いするのがオススメです
かきご飯・かき汁も美味しいですよぉ
かき小屋の心得

牡蠣は焼けると汁が出るので
丸みのある面を下に焼くと汁が漏れずいいそうです
身が小さくなり、焼きすぎくらいの牡蠣も香ばしく美味しいと
おばちゃんのオススメです

今シーズンは3月7日まで
松島の〝わんこがき〟ご堪能くださーぃ

 

| | コメント (0)

2010年2月 1日 (月)

松島・かき小屋

松島・かき小屋
行ってまいりました
牡蠣の聖地〝松島・かき小屋〟

仙台に住む友達と10時前に仙台駅で待ち合わせ
11時の予約に充分間に合うように
東北本線に乗り向かいましたがっ
1つお隣の東仙台駅で信号トラブルで運転見合わせぇ

10分前の到着を言われていたので
予約時間を逃し
かき小屋で3時間待ちなんてなったら大変
かなり慌てましたが
仙台を知っている友達が一緒でよかった
かき小屋に一報を入れ
タクシーで仙石線の苦竹駅に向かい
松島海岸に11時着
そしてまたタクシーで5分遅れでかき小屋到着ぅ

かき小屋前には人だかりと
磯の香りが充満しておりました

私達の席を残し、2棟あるかき小屋は満席
既に鉄板はふたがされていて準備万端
牡蠣が蒸されている間
おばちゃんより、かき小屋の心得を伝授
そして11時15分ふたがオープン
1時間食べ放題のスタートです

始めは口のあいた牡蠣を・・・
おばちゃんも食べやすい牡蠣を目の前に
置いてくれます
開けてビックリや、開けてガッカリ・・・
いろいろですが
松島にまで来て殻付きの牡蠣を山盛り
食べられるなんでぇ
松島・かき小屋
プリプリの牡蠣ぃ

松島・かき小屋
こちらは双子のプリプリ牡蠣ぃ

・・・こんな感じで貝同士がくっついている牡蠣も多くて
口の開いていない牡蠣は苦戦しましたぁ

一通り口の開いた牡蠣を食べたら
お次は口の開かなかった牡蠣へ
おばちゃんの指導の元
自らナイフで牡蠣を開け食べマス
なかなか技と力のいる作業で
ここで食べるペースが落ちますぅ

そして真ん中が空けられ、牡蠣はまた山盛りぃ

真ん中に置かれた牡蠣は生牡蠣で
おかわり牡蠣は蒸されません
でも鉄板の火は焚かれているので
おかわり牡蠣は焼き牡蠣となりますぅ

かき小屋は生で食べるのは
おかわりは3回ありましたが
食べているうちに口の開いていない
牡蠣だらけになります
しかし素人には見分けがつきません
開けて怪しげだと鉄板に戻し
最後はこんな感じになりましたぁ
松島・かき小屋

燃え尽きた鉄板ですが
時間ギリギリまで1時間食べ続けました
間に牡蠣ご飯・牡蠣汁も食べましたが
牡蠣の殻に苦戦したのもあり
まだ食べられたかなぁ・・・
でもちょうどいい時間だったかなぁ・・・
牡蠣の数をカウントしようと思いましたが
あっという間の12個以降は無理デシタ
でも50個はいけたと思いマス

待っているお客さんもたくさんなので
キッチリ1時間後の12時15分時間には
おじさんが容赦なく鉄板の上の残った牡蠣を撤収
外にはよりたくさんのお客さんが詰め掛けておりましたぁ

| | コメント (0)

2010年1月19日 (火)

新宿三丁目 ごまや

毎度決まった友達と仕事帰りに会う時に
定番となったお店
新宿三丁目のごまやさん

鮮魚のせサラダにオレンジ風味のエビマヨ
カニチャーハンなんかも美味しく
時期には牡蠣メニューも揃っております

先日行ったときには
長崎県 小長井 どっさり豆カキ蒸し ¥900
新宿三丁目ごまや

こんなに牡蠣が乗って900円
美味しかったぁ

牡蠣の聖地とも言われている
仙台・松島の『かき小屋』にいつの日か
と思っておりましたが
先日仙台の友達から久々連絡が
試しにかき小屋の話をしてみたら
付き合ってくれるとぉ

数日前、予約の電話をしてみると3週間先の週末も
予約でいっぱい
2・3時間待ってもらえば入れますけどぉ〜
とおじさんは案内してくれましたが
それは厳しい
予定をずらし、かき小屋の予約完了

本日もTVでやってましたね
ウエンツのかき小屋訪問
早めに予約しておいてよかったぁ

夢のかき小屋
近々踏み込んで参りますぅ

| | コメント (0)

2009年12月18日 (金)

小樽運河

小樽運河
CUEファンミーティングの前日・・・
日帰りのお姉ちゃまより
一足先に北の大地に降り立った私は
一人、小樽観光ぉ

到着が遅れ、千歳空港に9時45分着
鼻息も凍りそうな寒さの中、バスで札幌を目指しマシタ
「月寒中央2」で途中下車して
カリー軒に久々寄ってみようと思っておりました…が
次は月寒中央2のアナウンスに「ピンポーン
こんな所で降りる人いるんだぁー
などと思っていれば、ぞろぞろバスを降りる方々
到着11時、バス停目の前のカリー軒には
既に50人程の行列がぁ
この行列に何時間並んだら…
と想像しただけで凍えそうだったので即移動

おにぎりで紹介していた「リーブス」も
行ってみたいと思っておりましたが
ファンミ真っ最中のこの時期に
NACSさんご紹介のお店は危険
やっぱりエスに行ってしまいましたぁ

そして時間もあったのでバスで小樽へ向かいました
途中、手稲を通過
札幌駅界隈は雪はありませんでしたが
シゲちゃん誕生の地は雪が積もっておりました

そして1時間もかからず小樽へ
そこは極寒の土地でした
風も強く、札幌より明らかに気温の差が
小樽運河を散歩して…などと思っておりましたが
強風と寒さのため
運河一周でお土産屋さんに立ち寄り終了ぉ
駅に向かう途中
カニや魚が並ぶお店を発見
牡蠣はないかなぁ~とお店の中へ

そこに2階のお店で
1階で買ったものを食べられると貼り紙がっ
小樽のカキが食べられるとなれば迷わず注文
生と焼きを2つずつぅ
小樽運河

こちらは生ぁ
小樽運河

こちらは焼きぃ
小樽運河

ホテルに戻り、るるぶ札幌・小樽
を見てみると小樽のページに載っておりました
「うろこ番屋うろこ亭」

ちょいと小ぶりなカキでしたが
滞在2時間、牡蠣が食べられたおかげで
満足な小樽散策になりましたっ

| | コメント (2)

2009年10月27日 (火)

金沢・兼六園

日曜日はロッカトレンチワンマンライブで金沢へ

金沢といえば兼六園
ライブの前に早速観光ぉ

Pa250079

Pa250087

Pa250094

Pa250096

Pa250099_2

写真はひと気はなく写っておりますが
兼六園は修学旅行生に観光の方で、人人人ぉ
しかし名園兼六園まで巡れて満足

そしてお次は「近江町市場」へ
おにぎりでも来ていた近江町市場
こちらでは生牡蠣をいただきっ
Pa250100

Pa250103

右が¥500、左が¥600也ぃ
海のお味がいたしましたぁ
また牡蠣の食べられる土地に行きたいなっ


金沢ライブはロッカトレンチSSAに当選
お姉ちゃまのおかげで当選
早めにライブハウスへ向かったのでしたぁ

| | コメント (0)

2008年4月30日 (水)

広島・宮島の牡蠣

Bump_038_2
BUMPライブ翌日はお姉ちゃまと宮島へ

日本三景でもあり
世界遺産でもある厳島神社
Bump_024

Bump_030_2

高速船を下りれば鹿シカ鹿・・・
鹿のフンを散りばめた
鹿のフンソフトクリームなんてのもありました

神社を遠めから眺めた後は
お土産屋さんへ

そこには焼きがきののぼりが
Bump_058

さすが広島の牡蠣は大きくプリプリ
Bump_050

しかも2個で400円 安いっ
Bump_048

宮島の景色と美味しいプリプリの牡蠣で
満足広島旅行デシタ

また広島へ牡蠣旅行へ行かなくちゃ

| | コメント (0)